浜松学芸高校 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」

事務局からのお知らせ
2016.12.9

浜松学芸高校 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」

東京では早くも初雪が観測され街もクリスマスのイルミネーションに彩られ始めました。

この時期に演奏される曲といえば「くるみ割人形」や「ヘンゼルとグレーテル」などがあげられると思います。

先日、浜松学芸高校の生徒さんによる演奏会 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の公演写真が届きました。

その感動の一コマをご紹介します!

wIMG_4177.jpg

このシーンは野苺とりに出かけたヘンゼルとグレーテルが道に迷い疲れ果てて森で天使に見守られながら眠りにつく場面ですね。

このシーンで歌われる二重唱のメロディは「夕べの祈り」という美しいモチーフでオペラ全体にも現れてきますが特に序曲の冒頭でもホルンの四重奏で、またフィナーレでも力強く奏でられます。

このヘンゼルとグレーテルというオペラは、グリム童話なので子供向けの作品と思われますが、実は声楽もオーケストラも演奏者にとってはとても難しい作品です。

wIMG_7830.jpg

浜松学芸高校の皆さんもたくさんの練習と素晴らしい仲間とのチームワークで演奏会を大成功させたのだと思います。

こちらからお貸出している一つ一つの楽譜が皆様の手に渡りこのような感動的なシーンのお手伝いをさせていただいてると思うと本当に幸せです。

浜松学芸高校の皆さん、本当におめでとうございました!

wIMG_7833.jpg