音楽の接し方

事務局からのお知らせ
2017.11.6

早いもので11月に入りました。朝晩は本当に冷え込む様になりましたね。
街の風景や人々の装いが季節の変わり目を感じさせる今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

そういえば先日、社内でこんな会話がありました。
「最初に自分で買ったレコードやCDは何ですか?」

皆さんは、やはりクラッシックのオーケストラに在籍していらっしゃるので、やはりクラシック音楽でしょうか?
私の上司がこう話を続けました。

最近亡くなった平尾昌晃氏が生前語っていた言葉に感慨を覚えます。
それは「自分たち歌謡曲を作るものが売れなくなった事もさることながら人々の輪の中に歌が無くなった。
この理由は、時代の流れとともに音楽の聴き方が多様化されたからではないか。」
確かに多くの皆さんが持っている携帯音楽プレイヤーなどは好きな音楽をいつでも聴く事が出来て
自分だけの音楽の世界観を持てる事が出来る便利な機械ですね。
AIが世界を席巻する日も近い社会です。でもそのような世の中でもクラッシック音楽を絶やさず
お客様にも訴えながら演奏していこうではではありませんか!と。

個人の音楽の世界に浸れるのも良いけど、やはり実際に生の演奏を仲間と一緒に奏でるのも聴くのも本当に楽しいし素晴らしいですよね。
トヨタミュージックライブラリーは皆様の音楽活動をこれからも応援いたします。
ご利用を心よりお待ちしております!