スコラーズ岐阜 名曲と第九コンサート

事務局からのお知らせ
2017.12.18

スコラーズ岐阜 名曲と第九コンサート

クリスマスも近づき夜になると美しいイルミネーションが街を彩る今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて年末といえば、第九ですね!

先日、スコラーズ岐阜様から演奏会の様子が記されている新聞をお送りいただきました。

9月から練習を重ね、演奏会当日は140名の合唱団が高らかに第九を歌い上げ約800人の聴衆を魅了されたそうです!

本当におめでとうございました!

月並みですが、私もベートーヴェン作曲「交響曲第9番」の第4楽章「歓喜の歌」を聴くと

「あぁ、今年も終わるのだな」としみじみ思います。

この「歓喜の歌」に「抱擁するが良い、この口づけをこの世の全てに!」

という歌詞があります。

第九は時代を超えて世界中の歴史に残る様々なシーンで演奏され続けてきました。

第九のテーマでもある「愛する人々のいる事の素晴らしさ」を

今一度、強く訴えかけられるあのフレーズを通じて平和であることの大切さを感じずにはいられません。