スッペ、オッフェンバック 生誕200年

事務局からのお知らせ
2019.2.4

スッペ、オッフェンバック 生誕200年

早いもので年が明けてはや、1ヶ月が経ちました。
暦の上では、立春を迎えましたがまだまだ寒い日が続いていますね。
写真は浅草・合羽橋の写真です。遠くに雲に隠れたスカイツリーも見えます。

さて2019年は、フランツ・フォン・スッペとジャック・オッフェンバックが生誕200年の記念の年です。
二人共オペレッタの作曲家でもあるという共通点がありますね。
スッペはオッフェンバックに刺激を受けてオペレッタを志したとも言われています。

二人の代表作には「軽騎兵」や「詩人と農夫」、「ホフマン物語」や「天国と地獄」などがあり、
浅草オペラでも歌われた作曲家でもあります。
「ボッカチオ」から「恋はやさし、野辺の花よ」や「トチチリチンの歌」
「ホフマン物語」から「ホフマンの舟歌」や「天国と地獄」が広く知られています。

大衆芸能としての浅草オペラは若者を中心に大流行し、今では考えられない程の人気を博していたようです。
その盛況ぶりも関東大震災などで下火になり、それでも尚、オペラなどの公演は続けられていましたが
じきにやってくる戦争で全ての活動が中止になってしまいました。

現在では、世界中の文化をたやすく接せられる時代になりましたが、大正ロマン時代に流行した音楽を聴いて
時代の流れに思いを馳せてみるのも、たまには良いのではないでしょうか。

トヨタミュージックライブラリーでは、スッペ、オッフェンバックの楽曲のお貸出しもお待ちしております!